温活がすごい!体を温めると痩せやすくなるらしい?! | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 温活がすごい!体を温めると痩せやすくなるらしい?!
Diet
2019/02/20

温活がすごい!体を温めると痩せやすくなるらしい?!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

体が冷えていると基礎代謝量が低くなるため痩せにくい体になりがち。痩せる体作りに欠かせないポイントは、体を内側から温めて痩せやすいモードに切り替えること。

「温活」の方法はいくつかありますが、今回はゆっくりと体を動かし、じわーっと芯から温める「温活」をご紹介します。


  温活で巡りのよいカラダへ

体が冷えていると痩せにくくなる……というのはつまり、血の巡りが悪くなっているともいえます。

血の巡りが悪くなると代謝が落ちるので、エネルギーや栄養が体内で使われないままになり、体内に老廃物が溜まりやすい状態です。血の巡りがよくなれば体を隅々まで温めることができるので、老廃物も排出しやすくなります。血の巡りをよくするためには、使われていない筋肉を適宜動かして刺激を与え、酸素や血が隅々まで流れる体にすることが大切。そうすることで体温が上がり、代謝もアップします。

またストレスを手放すこともポイント。ストレスがかかると血管が縮みやすくなるので血の巡りが悪くなる要因になります。

そこで今回は、巡りのよい体と心をつくるストレッチ「温活」をしてみましょう。

 
>>そのほかの「温活」の方法についてはコチラをチェック!


  ろっ骨まわりをほぐして呼吸がしやすい体へ

ストレッチを始める前にまず、呼吸を整えます。

現代人は呼吸が浅くなりがち。とくに運動不足の方は筋肉が縮んでいる状態が続いているので、呼吸が入りにくくなります。
そこでろっ骨まわりの筋肉をほぐして、呼吸が入りやすい体へ導きます。

step1. 両手を胸の下、ろっ骨に手を置き、息を吸って胸を膨らませます。ろっ骨が左右に広がっていくのを手のひらで感じます。

step2. たっぷりと吸い込んだらゆっくりと息を吐きます。ろっ骨は胸の下に収まっていくようなイメージです。

これを5~10回繰り返します。リラックス効果も期待できます。


  体をほぐして温める「温活」ストレッチ

 

 コリを感じやすい首をほぐすストレッチ

耳の後ろ側に出っ張った骨があります。この骨を結んだラインが頭と首の境目です。頭と首の境目が意識できずに一体で動いてしまうと、より首まわりがコリます。

首を回すとき、左右に回旋させるとき、頭を前後に動かすときも、頭と首の境目を意識して動かすようにすると、首のハリ、コリが緩和方向に向かいます。

step1. 座骨を椅子の座面に乗せて背筋を伸ばして座ります。頭と首の境目を意識しながら、首を右に倒しましょう。
左腕は体の横に伸ばし、右手を頭の上に置きます。肩から首にかけて筋肉を伸ばします。

step2. 次に右斜め前に頭を倒します。右手は頭の上に置いたまま、左腕は後ろに移動させ、頭と対角線上になる位置に置きます。

キープ時間はそれぞれ約20秒。反対側も同様に行います。終わったら、左右3回ずつゆっくりと首を回しましょう。
首まわりの筋肉がほぐれると、強張っていた心もゆるんでくるのを感じられるでしょう。


 硬くなりやすい背中のストレッチ

座骨を椅子に乗せて背筋を伸ばし座った姿勢からスタート。

step1. 両手を胸の前で組み、息を吸って息を吐きながら両腕を前に伸ばし、肩甲骨から背中を丸めて目線はおへそ辺りを見ます。
約20秒キープしたら元の姿勢に戻ります。

step2. 続いて両手を後ろで組み、肩甲骨と肩甲骨を背骨に寄せて胸を開き、目線は上へ。約15秒キープ。

この動きを3~5回繰り返します。背中まわりの筋肉がほぐれて内側からぽかぽか温まってくるのを感じられるはずです。


 肩関節&股関節のストレッチ

 

ろっ骨まわり、首、背中とほぐし、体が少しゆるんだところで、手を肩に置き、肩甲骨まわりの筋肉を回します。

step1. 肘がなるべく遠くに回せるように意識しながら、最初はゆっくり前回し。終わったら後ろ回しも行います。5、6回繰り返しましょう。

step2. 続いて股関節まわりの筋肉をほぐします。
両脚を伸ばして座り、手は指先を後ろに向けて床に手をつきます。息を吸いながらつま先を自分の方へ向けて、息を吐きながらつま先を遠くに伸ばす。これを3~5回繰り返します。

step3. 続いて足首まわし。かかとを床につけたままつま先を遠くに回すように意識して回します。反対回しも行います。回数は約10回ずつ。

step4. 終わったら右膝を胸に引き寄せて膝頭で小さい円を描きます。5、6回ほど回したら反対回しも行います。
余裕があれば、大きく股関節から回しましょう。3~5回ほど回したら、反対の脚も行います。

肩関節、股関節は太い血管があるので、関節まわりの筋肉をほぐすことで血の巡りがよくなります。
関節まわりは老廃物が蓄積しやすいので、定期的にほぐして血の巡りをよくし、代謝の良い体を目指しましょう。


なかなか運動習慣というものはつきにくいものです。また自分で運動を定期的に行う方でも、正しく体を使ってストレッチやエクササイズを行わないと、効果がでにくいだけでなく、体に負担がかかることも。

そこでおすすめしたいスポットがストレッチサロン「Q’sストレッチ+(キューズストレッチ)」。です。専門家がひとりひとりの体の状態にあわせて適切なメニューをチョイス。効果的なアプローチでボディメイクに取り組むことが可能です。

体作りはひとりで悩まずに、プロを積極的に活用するのもおすすめです♪

【関連記事】
冷えを改善し肌荒れを防ぐ♪美肌のための『温活』ケア
全身をポカポカに♪リフレクソロジーで体を温める!
これだけで基礎代謝は上がる!日常でできる簡単な方法
簡単「寝ながらストレッチ」で代謝アップ!
banner

YOIKOTO LABO(ヨイコトラボ)はリラクゼーションサロン クイーンズウェイ(Queensway)が提供しております。