暑くて眠れない、寝苦しい夜もぐっすり眠る方法 | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 暑くて眠れない、寝苦しい夜もぐっすり眠る方法
Life style
2018/08/07

暑くて眠れない、寝苦しい夜もぐっすり眠る方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

暑くて寝苦しい夜が続く夏。不快で中々寝付けない、途中で目が覚めてしまうなど、ぐっすり眠れない夜を過ごしている方へ、快眠のコツをお届けします!


  熟睡を妨げる“背中のむれ”は、夏仕様の寝具で対策

熱帯夜は背中がむれて熱がこもるため、無意識のうちに寝返りの回数が増えます。これが睡眠を妨害する要因のひとつ。

背中のむわっとしたむれは、寝具やパジャマなど肌にふれるものを夏仕様のアイテムに変えて対策を。麻素材のシーツや、冷感素材を用いたベッドパッドに取り換えるだけでも寝心地が大きく変わります。

掛け布団も吸湿性、放湿性の良い素材を使ったタオルケットやガーゼケットに取り換えましょう。枕カバーパジャマの素材を見直すことも、睡眠の質を高めるために有効です。


  暑さをコントロールして快眠へ!寝室の室温は26~27℃に設定

ぐっすり眠るために重要なのが、やはり寝室の室温。エアコンを利用して夜間は26~27℃を保つようにしましょう。

寝る1時間前に、エアコンの温度設定を25℃にして一度部屋全体を冷やします。寝る時間が近づき、うとうとしてきたら温度を26~27℃に設定してタイマーを3時間程度に合わせてから就寝します。

一晩中エアコンを付けっぱなしにすることは抵抗があるかもしれませんが、熱帯夜は別。夜中に暑くて目が覚めてしまわないように、タイマーが切れた後、再度エアコンが入る設定にしておくのもありです。

ただし体を冷やし過ぎないよう、夏用の掛け布団を体にしっかりとかけて眠りましょう。

  扇風機を上手に取り入れよう


エアコンと併用して扇風機を使えば、設定温度が高めでも体感的に涼しく感じられるので、上手に活用しましょう。

扇風機を使う場合は、体に直接風が当たらないように気を付けます。首振り設定にして少し天井に向けて、部屋全体の空気を動かせる位置に配置します。


  夏もお風呂。ぬるめのお湯につかって質の良い睡眠へ…

夏場はシャワーで済ませる方も増えますが、暑い時こそ、湯船につかって心身ともにリラックスさせることが気持ちよく眠るコツ。38~40℃くらいのぬるめのお湯に15分ほど浸かりゆっくりと体を温めます。

寝つきの悪い時は、活動時に働く交感神経が優位に傾いていますので、バスタイムでリラックスして副交感神経を高めましょう。以下の記事でおすすめの入浴法をご紹介していますので参考にして下さい。

お風呂で夏バテ対策。疲れをとるための入浴法

黄金バスタイム♪夏の正しい入浴方法

入浴によって体温がじんわりと上がって、その後にゆっくりと体温が下がっていく過程で自然な眠気がやってくると言われています。睡眠導入のセレモニーとしても、夏はぬるめのお風呂に入りましょう。


  寝不足による疲れは“頭皮”から癒す!

暑さから質の良い睡眠がとれていないことが夏バテ、日中のだるさの原因かも。熟睡できていないと体の疲れがとれないばかりか、どんどん溜まっていきます。

何となくだるい日々が続くときは『Q’s for-rest(キューズフォレスト)』ヘッドスパでリフレッシュしてはいかがでしょう。頭皮や耳にある反射区を刺激することで、短時間で深いリラクゼーションを得ることができます。

頭のコリをほぐすことで、フェイスラインがすっきりする効果も期待できます。ぐっすり寝れず疲れが溜まっている時に、一度訪れてみてはいかが?[詳細はこちら]

【関連記事】
「寝る前ストレッチ」で睡眠の質を高める!
上質な眠りに導く♪快眠リフレクソロジーのやり方
質の良い睡眠をとるには「朝の過ごし方」が重要だった。
気持ちいい睡眠をとるには?眠りの質を上げる4か条

banner