自律神経を整えて夏バテを予防!梅雨から始めたい対策 | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 自律神経を整えて夏バテを予防!梅雨から始めたい対策
Life style
2018/06/26

自律神経を整えて夏バテを予防!梅雨から始めたい対策

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

梅雨のうちから夏バテ対策を始めて、暑さにに強い体と心をつくりましょう!

実は、夏バテの原因のひとつは、自律神経の乱れ。自律神経が乱れてしまうと、だるさや体の疲れを感じやすくなります。


  自律神経の乱れと夏バテの関係

私たちが夏バテと呼ぶ、慢性的な疲労感や食欲不振、消化不良、頭痛などの不調には、自律神経の乱れが影響しています。

内臓の働き、血液、発汗、体温など、自分の意思ではコントロール出来ない体の働きを制御している自律神経。体を活発にさせる交感神経と沈静させる副交感神経でバランスをとり、体内環境を整えています。 

夏は自律神経が乱れる要因が多くあります。以下のポイントに注意することが必要です。


  冷房による冷え

クーラーが効いた室内で長時間過ごしていると、汗をかきにくくなってしまい、熱のこもりやすい体に。これは冷えによって、体温調節機能が衰えるためです。

深刻化すると、手足は冷えているのに、顔や上半身は火照って汗をかく「冷えのぼせ」の状態になってしまうことも。体を冷やさないためにストールを用意したり、靴下を用意したりするなどして、暑いからといって、冷え対策は怠らないようにしましょう。

参考:暑がりや汗っかきは冷えが原因!?夏の冷え性対策リフレ


  不適切な水分補給

汗を大量にかくと、体から水分ミネラルが失われます。だからといって、過剰な水分補給はNG。消化能力が低下する要因に。

また水を飲むだけではミネラルは補給できません。レジャーやスポーツを楽しむときは、スポーツドリンクをぶなど、飲み物にも注意しましょう。


  バランスの偏った食事

暑くなると、そうめんや冷やしうどんなど、のど越しの良い麺類につい手が伸びてしまいますが、糖質に偏った食事を続けていると体に必要なエネルギーが不足し、疲労回復が遅れてしまいます。

ダイエットをする場合、一食を抜いたり、特定の栄養に偏った食事制限は避けましょう。栄養の偏った食事は体重増加にもつながりやすくなるのです。体のだるさが続いている方は、一度、自分の普段の食事内容を振り返ってみるといいでしょう。


  生活習慣を見直し夏バテ予防!

上記でご紹介した注意ポイントを踏まえて自律神経を整える、もっともシンプルなコツが生活習慣を整えることです。

食事は抜かず、バランス良くとる

日中は軽めの運動をする

セルフマッサージやストレッチなどのケアをする

冷房の設定温度は25~28度を目安にし、ストールや靴下などを用意し冷え対策をする

湯船につかって体を温める

十分な睡眠をとる


Point:食事を見直そう

食事は炭水化物だけでなく、肉や魚、卵などのたんぱく質やビタミンB群を多く含む食品、野菜などを組み合わせた、バランスの良い食事をとりましょう。

炭水化物中心の食べ物を選んでいると、糖質をエネルギーに変換するのに必要なビタミンB群が不足し、疲れやすい体になります。食事をとるときは、どんな栄養があるのかを考えて食べるようにしましょう。


Point:体を温めよう

血の巡りをよくすることも、夏バテ予防の秘訣。冷房で冷えてしまいがちな体を温めることが大切です。日中は軽い運動を行って、夜は湯船につかりましょう。シャワーで済まさずに入浴することで深部体温が下がりやすくなり、寝つきやすくなりますよ。

参考記事:睡眠の質は入浴で変わる!?よく眠るためのバスタイムの過ごし方

寝る前に簡単なセルフマッサージを行うのも良い睡眠へと導く方法のひとつです。お風呂上りにリフレクソロジー軽いストレッチをするのもいいでしょう。体がポカポカになり寝つきが良くなりますよ。体重増加させないためにも上質な睡眠時間の確保は大切です。


  自律神経の乱れは呼吸でも改善

自分の意思ではコントロールすることが難しい自律神経ですが、間接的にコントロールする方法があります。それが呼吸です。

息を吸うときは交感神経が優位になり、息を吐くときは副交感神経が優位になると言われています。

なんとなく「自律神経が乱れているかも…」と感じた時は、以下の呼吸法でだるさが少し和らぐかもしれません。

椅子に座骨を意識して座り、両手をお腹に当てて、鼻から息を吸ってお腹を膨らませます。

鼻から息を吸い切ったら、吸った息の2倍以上かけるイメージで、鼻から息をゆっくりと吐き、お腹を凹ませます。

これを数回繰り返しましょう。ゆっくりと丁寧に呼吸を行うことがポイントです。


梅雨が明けた途端、バテて体調を崩すということの無いよう、早いうちからしっかり体を整え、本格的な猛暑の日々に備えましょう!

【関連記事】
夏バテは「冷え体質」が原因!リフレクソロジーで暑さに負けない体質へ♪
免疫力を高める!夏の風邪予防リフレのやり方
冷房に負けない体作り!便秘の改善にも◎
食事制限より簡単!夏のカイロであったかスリム美人♡

banner

YOIKOTO LABO(ヨイコトラボ)はリラクゼーションサロン クイーンズウェイ(Queensway)が提供しております。