免疫up!ポカポカ【温活】お家でリフレ | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 免疫up!ポカポカ【温活】お家でリフレ
Life style
2017/02/08

免疫up!ポカポカ【温活】お家でリフレ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

冷えは万病の元、と言いますが、皆さんは日頃から「温活」を行っていますか?温活とはその名の通り、冷えを改善し、体を温める活動のこと。体が冷えていると、病気になりやすく、ダイエットもうまくいきません。しかし体温が1℃上がれば、免疫力のアップや血流促進、脂肪燃焼効果も上がり、体に嬉しいことばかり!

腹巻きを常用したり、温かい飲み物を飲んだり、ホットヨガを行ったりと、温活を心がける女性が増加中。そこで今回は、温活リフレと題して、女性の下半身を温める方法をご紹介します♪


下半身は上半身よりも2度低いと言われており、心臓から遠い足先が氷のように冷えている方も少なくありません。今日からお家で出来る簡単温活リフレ、是非チャレンジしてみてください!

【ふくらはぎ】
第二の心臓とも言われるふくらはぎ。膨らみが一番大きな部分を掴むように、下から上へ揉みほぐします。


これだけでもポンプ作用によって血流が良くなるので、テレビを見ている時や、仕事の休憩中などに数分行ってみましょう!

【足の甲】
足の甲の骨と骨の間を、親指で押し滑らすように刺激しましょう。末端の冷えに効果的で、マッサージをしていると足先まで温まるのを感じられます。特に、立ち仕事などで靴を履き続けている方は足が緊張状態になっています、しっかり押し広げてあげましょう!


★親指と人差し指の骨が交わる辺りには、太衝(たいしょう)というツボがあり、足先の冷えや外反母趾の症状、婦人科系の不調を改善すると言われています。

【足の指先】
足の指先を日常生活で意識的に動かすことは少なく、末端冷え性の方は、指先の感覚がなくなるほど冷えてしまうことも珍しくありません。冷えが足先で滞ってしまうと、エネルギー不足で全身の不調を感じることも。そこで、足の指先をマッサージすることをオススメします!指全体をつまむように、付け根から先まで満遍なく刺激しましょう。


★小指の爪の付け根に、至陰(しいん)という、冷えに効果的なツボがあります。冷えのぼせタイプ(下半身は冷えていて、上半身が火照っている方)にも効果的です。

★足首など、人間の体には「首」と名の付く部分があります。太い動脈が流れていますが、皮膚が薄く冷えやすいため、冷えに弱い部分です。ルームシューズや靴下など、温かいグッズを有効活用して、首、手首、足首を冷やさないように心がけましょう!


また、骨盤や子宮など、女性にとって大事な器官がある腰回りも冷えは大敵です。お腹を温めることで末端の血流促進にも繋がるので、腹巻きやカイロを上手に使い、腰回りの冷えも予防しましょう。


小さな不調も、積み重ねることで大きな不調へと繋がります。温活を心がけた生活を送り、健康的な冬を過ごしましょう!免疫力をupするツボ真冬の冷え対策も合わせて試してみてください♪