脚痩せダイエットを叶える♪リフレクソロジーのやり方 | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 脚痩せダイエットを叶える♪リフレクソロジーのやり方
Diet
2019/02/28

脚痩せダイエットを叶える♪リフレクソロジーのやり方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

脚は体の中でも特に太っていることが気になるパーツ。「運動や食事制限ダイエットをしても痩せていくのは上半身ばかりで、太ももやふくらはぎが痩せにくい…」と悩んでいる方も多いでしょう。そこで今回は脚痩せに導くリフレクソロジーをご紹介!セットで行うことでより効果が期待できるストレッチも合わせてやり方をお伝えします。


  脚が太くなる一因は「前重心」

リフレクソロジーのやり方を解説する前に、そもそも脚が太くなってしまう原因のひとつが、姿勢です。脚が太いと悩みを抱える方は、正しい姿勢を保てておらず「前重心」気味になっている可能性があります。

前重心とは言葉通り、体の重心が前にかかっている姿勢です。この姿勢が続くと、太もも前側の筋肉が酷使され、パンパンに太くなります。一方、太もも裏側の筋肉は使われないため硬くなり、その硬くなった太もも裏側に引っ張られるように骨盤が後傾、お尻は下がり、お腹も出てきてしまいます。前重心だと、ふくらはぎの筋肉も正しく使われないため脚全体が太くなりやすくなります。

裏を返せば、脚の筋肉がバランスよく使えるようになれば、前重心の姿勢が改善、脚痩せも叶うということ。太もも~足裏、足指までが正しく動くようになれば、自然と体の軸が整い、体幹(胴体部分)の筋肉が使われる姿勢をとれるようになるので、脚が細くなるだけでなく、お尻やぽっこりお腹の引き締め効果も期待できます。


  脚痩せの秘訣は「足裏」にあり!

脚痩せダイエットを叶えるには、脚の筋肉を正しく使えるようになることが大事。そして、その近道が脚の土台である「足裏」の機能を高めることです。

足裏の機能を高めるには、日頃の姿勢や冷えによって凝り固まった足裏をほぐすことが先決。足裏が凝り固まっていると、足底の感覚が低下、脚の筋肉をバランスよく使うことが難しくなり、前重心にもなりやすくなります。

そこで行いたいのが、リフレクソロジー。硬くなった足裏がほぐれると、足底の感覚が改善するだけでなく、全身の血の巡りが良くなります。また各臓器や部位につながっている「反射区」にアプローチすれば、代謝促進やむくみ改善にも効果的です。


  足裏を刺激する前に行うストレッチ

リフレクソロジーを始める前にストレッチを行って足指、足首をほぐすことでより高い効果が期待できます。お風呂上りなど、血行が良くなっているタイミングで行うと効果を実感しやすくなりますよ。

  足指ほぐしストレッチ

まず行いたいのが足指をほぐすこと。足指は靴の中で縮んでいる時間長く、こわばりがち。こわばって足指が硬くなると、足裏でバランスがとりにくくなります。正しい姿勢で立つためには足指をほぐし、足底の感覚を高めることが大切なのです。

1.座った姿勢でどちらか片方の足首を太ももに乗せます。片方の手の親指と人差し指で、足の親指を掴み、もう片方の手で、足の人差し指を掴んで、前後に開きます。10回程度開いたら、次の足指へ移動。全部の足指をまんべんなくほぐしましょう。終わったら反対側の足指もほぐします。

2.片方の手で足の甲を持ち、もう片方の手で足指の親指を掴みます。ビンを締める方向、ビンを開ける方向に足指を5~10回、回してほぐします。親指から小指まで順番に足指をほぐしましょう。反対の足指も同様に回します。

  足首ほぐしストレッチ

足指をほぐしたら、足首もそのまま流れでほぐしましょう。脚が太りやすい方は、足首が硬い傾向にあります。足首が柔らかくなると脚の血行が改善するので、ふくらはぎのむくみにも効果的です。

1.手を足指の間に入れて、足首まわし。手指が足指に絡められない方は足の甲を掴んで足首を回しましょう。

2.20~30回、回したら反対回しも行います。反対の足首も同様に。

  足指グーパーストレッチ

最後に、足指を縮めて伸ばすことを繰り返すグーパーストレッチを行いましょう。

1.両脚を前に伸ばして座り、両手は後ろにつきます。息を吸いながらつま先を自分の方へ向け、息を吐きながらつま先を遠くに伸ばすことを5~10回繰り返します。

2.続いて足指をグーと縮めて、パーに開く。これも5~10回繰り返します。


  脚痩せに導くセルフリフレのやり方

ストレッチをしたら、いよいよ、リフレクソロジーで足裏にアプローチ。代謝促進に関わる甲状腺の反射区と、むくみ改善に効果的な腎臓・尿管・膀胱の反射区の刺激方法を紹介します。これらを中心に足裏全体をイタ気持ちいい位の強さで刺激しましょう。

  甲状腺の反射区

代謝を促すホルモンを作り出す役割のある甲状腺の反射区は、両方の足裏の親指から指2本下の膨らんだ辺りにあります。手の人差し指の第二関節で刺激しましょう。

  腎臓・尿管・膀胱の反射区

老廃物を排出に深く関わる臓器、腎臓、尿管、膀胱の反射区はセットで刺激しましょう。いずれも両方の足裏にあります。

足指の親指からかかと方向に向かい土踏まず付近に腎臓の反射区はあります。尿管の反射区は左足裏の場合、腎臓からカタカナの「ノ」を描く位置にあります。「ノ」の終点は、かかとから指2本上の足指の親指の下辺りで、ここが膀胱の反射区。腎臓→尿管→膀胱の順で反射区を刺激しましょう。


  時には専門サロンで本格的な施術を

自信を持って脚を出せるように、ぜひリフレクソロジーをデイリーケアに取り入れ、脚痩せダイエットを叶えて下さいね!

リフレクソロジーサロン「クイーンズウェイ」は全国各地にありますので、足の太さが気になる時は、お近くのサロンで本格的な施術を堪能してみて下さいね♪

【関連記事】
むくみ知らずになるため身に着けたい7つの習慣
太ももを細くしたいなら「姿勢」を見直そう!
脚痩せしたいなら「むくみ」を取るべし!寝る前5分の美脚リフレクソロジー
一日3分でスッキリ美脚!コルギで体内デトックス
banner

YOIKOTO LABO(ヨイコトラボ)はリラクゼーションサロン クイーンズウェイ(Queensway)が提供しております。