お風呂美容を始めよう!きれいになるための入浴法 | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > お風呂美容を始めよう!きれいになるための入浴法
Life style
2019/02/27

お風呂美容を始めよう!きれいになるための入浴法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

どんなに忙しくても、お風呂だけは美容のために毎日欠かさず入るようにしたいもの。入浴は、その日の疲れを癒すだけでなく、女性にとって嬉しい美肌やダイエット効果が期待できます。

きれいになるためにメイクやファッションを頑張るのもいいですが、まずはバスタイムから変えてみませんか?そこで今回は、美容効果を引き出す入浴法をご紹介。今夜からお風呂美容始めましょう♪


  お風呂美容のポイントとは?

血行促進、代謝向上、リラックス、睡眠の改善など、女性に嬉しい美容効果が期待できる、毎日の入浴。バスタイムの質を上げてきれいになるために、簡単な4つのポイントを押さえておきましょう。

お風呂に入る前に一工夫

長すぎる入浴時間はNG!

洗うタイミングは入浴後

バスアイテムを上手に活用


  お風呂に入る前に一工夫

いつも、お風呂に入る前はどのように過ごしていますか?何も考えていないという方が多いかもしれませんが、入浴前の過ごし方を工夫するだけで美容効果を高めることができますよ。

コップ1杯の水を飲む

お風呂に入る15分前の水分補給は、汗をかいて体内の水分が失われて、血液がドロドロになることを防ぐとされています。湯上り後だけでなく、入浴前の水分補給も習慣にするといいでしょう。ミネラルやビタミンを含むスポーツドリンクや、温かいお茶など、お水以外の飲み物でもOK。

軽めのストレッチをする

入浴の代謝アップ効果を期待するなら、軽くストレッチをしてからお風呂に入りましょう。目的は筋肉の緊張をほぐして、体を温めること。冷えて筋肉が固い状態の体で湯船に浸かるよりも、筋肉がほぐれて温かくなった体の状態で入浴したほうが、より効果的に温まることができます。


  長すぎる入浴時間はNG!

お風呂に入る時間が長ければ長いほど、美容に良いイメージはありませんか?毎日1時間以上の入浴を習慣としている方もいるようですが、長風呂=きれいになれるというのは誤りです!

15~20分の全身浴で温まる

体を温めるためには、少し汗をかくくらい長湯をしたほうが効果的ですが、1時間も入浴する必要はありません。40~42℃位のお湯に15~20分くらい全身浴すれば、十分に温まります。筋肉の緊張がとけて血流が良くなってくると、身体がポカポカとしてきて、むくみや肩こりが和らぎます。

冷え性さんはぬるめのお湯に30分

体が冷えていると温まりにくいので、冷え性の方は38℃~40℃位のお湯に30分程度浸かってみて下さい。少しぬるめのお湯でじわじわと温めましょう。全身浴がおすすめですが、熱いと感じるなら半身浴でも問題ありません。肩や首が冷えないように、タオルをかけておきましょう。末端冷え性の方は、入浴前の足湯も効果的です。

デメリットもある長風呂

発汗量が多くなり体力を消耗する30分以上の長風呂は、リフレッシュするどころか、かえって入浴前よりもぐったりしてしまう原因に・・・。しかも湯船に長く浸かりすぎると、肌の皮脂や保湿成分がお湯に流れてしまい、乾燥による肌荒れやかゆみを招いてしまいます。お肌の潤いが足りないと感じる日は、短めの入浴がベターかもしれません。


  洗うタイミングは入浴後

肌や髪を清潔に美しく保つために、体や顔、髪を洗うタイミングもこだわりましょう。全身が温まると毛穴が開き、タオルやブラシでゴシゴシこすらなくても汚れが落ちますので、湯船に浸かって全身を温めた後に全身を洗うことをおすすめします。

クレンジングも入浴中に!

入浴前にメイクオフする方もいますが、入浴中に少し温まったタイミングを見計らってお肌のクレンジングを行うと、スルッと落とすことができます。特にテクスチャーの硬いクリームタイプや肌になじみにくいクレンジング剤は、湯船で体を温めてから使うだけで、落ち方やクレンジング後の肌質が違うことをすぐに感じられるはずです。クレンジング剤を手で温めてから肌に伸ばすこともポイントです。


  バスアイテムを上手に活用

毎日、入浴し続けることでお風呂の美容効果は実感できます。継続するために、ぜひバスタイムがリラックスできるような工夫をしてみて下さい。入浴剤(バスボム、バスミルク、バスソルトなど)やキャンドル、ボディオイル、ボディソープ、スクラブなど、お気に入りのバスグッズを見つけると、毎晩の入浴の時間が待ち遠しくなりますよ。

「重炭酸」の入浴剤で体をポカポカに!

もちろん湯船にそのまま浸かるだけでも体は温まりますが、入浴剤を使うと効率よく体を温めることができます。おすすめは温浴効果を高める「重炭酸イオン」の入浴剤。短時間の入浴でも、しっかりつま先まで温まる「薬用HotTab®」は、重曹とクエン酸でできており、肌が敏感な赤ちゃんから大人まで、安心して使える入浴剤。重炭酸のまろやかなお湯が汚れをやさしく流し、湯上り後もお肌しっとりです。

クイーンズウェイでは、「薬用HotTab®」のオリジナルパッケージを販売中!気になる方はぜひお近くの店舗にお問合せ下さい!

【関連記事】
入浴タイムを工夫してデトックスしやすい身体づくり♪
憧れのふわもち肌♡体を上手に洗う5つの掟
睡眠の質は入浴で変わる!?よく眠るためのバスタイムの過ごし方
お風呂で夏バテ対策。疲れをとるための入浴法

banner

YOIKOTO LABO(ヨイコトラボ)はリラクゼーションサロン クイーンズウェイ(Queensway)が提供しております。