足を温める♪冷え予防リフレクソロジーの方法 | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 足を温める♪冷え予防リフレクソロジーの方法
Beauty&Healthy
2019/01/31

足を温める♪冷え予防リフレクソロジーの方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

暖房の効いた暖かい部屋にいても足が冷たいのは、血の巡りが悪くなっているかも!?

そこで今回は冷え予防におすすめの足を温めるリフレクソロジーをご紹介します。


  足を温めるメリット

しっかりと足を温めることは、冷え対策として大切なだけでなく、ダイエット中の女性にも嬉しい効果が期待できます

足が冷えて血の巡りが悪くなると、老廃物が溜まりやすくなり下半身が太る原因となります。足を温めて血の巡り、リンパの流れが良くなれば、足全体のむくみの改善につながり、下半身痩せにも効果的なのです。


  リフレクソロジーを始める前の準備

  足指ほぐし

足の指を大きく広げてパーの形にし、ゆっくりとグーの形にします。これを10~20回繰り返しましょう。

これだけでも筋肉が動くので、足先が温まってくるはずです。

続けて、足の指まわりをほぐします。左手で左足の甲をつかんで固定し、右手で足の小指を根元から掴んで左右に5~6回まわします。

薬指、中指、人差し指、親指とすべての足指をまわしましょう。終わったら反対側も同様に行います。

  足首まわし

左手の指を右足の指と指の間に入れ、足首を右回し、左回しと30回ずつ行います。終わったら反対側も同じ回数行います。

足の筋肉が伸び縮みして、ふくらはぎにたまった血液が心臓に戻りやすくなります。

これらのストレッチをリフレクソロジーの前に行うことで、より効果的に足をぽかぽかに温めることができますよ。


  足を温めるリフレクソロジーの方法

足裏にある反射区を刺激することで、血流改善を促すリフレクソロジーは冷え対策に効果的。反射区は全身の各器官や臓器に対応しており、刺激することでその部位の働きが活性化すると言われています。


  心臓の反射区

血液を全身に送り出す役割を持つ心臓の反射区は、左足の甲を刺激をします。薬指の付け根から足首にかけてを、右手の人差し指を曲げて第二関節を当ててグーっと刺激します。


  自律神経の反射区

血流をコントロールする役割を持つ自律神経の反射区(ソーラープレクサス)は土踏まずの上部にある、大きなくぼみあたりです。手の人差し指を曲げて第二関節を当てて押しながらほぐしましょう。


  リンパの反射区

体内の老廃物を回収する役割を持つリンパ。

リンパ腺の反射区は、軽く握ったにぎりこぶしを足の指の骨の間に置いて刺激します。痛みやゴリゴリとした違和感を感じる場合は、無理せず優しく行いましょう。

そけいリンパの反射区は、両くるぶしの周辺をなぞるように親指で刺激します。


足裏にはご紹介した反射区以外だけでなく、数多くの反射区があります。

参考:「足裏」を触れば不調が分かる!?お家リフレで体調チェック!

それらを体質や希望に合わせて気持ちよく刺激してくれるのがリフレクソロジー専門店「クイーンズウェイ」英国式リフレクソロジーです。

全国に店舗を構えるクイーンズウェイでは、着替えなしで短時間から受けられるメニューも用意されています。冷えが気になる方はもちろん、お疲れ気味や体質改善を目指されている方も、ぜひ一度、お近くのサロンに行ってみてはいかがでしょう?

【関連記事】
冷え対策とダイエットは同時にやるべき!温活ダイエットのやり方
足裏から温まる!真冬の冷え対策
みんなはどうしてるの?防寒お家スタイル15選♡
冷え性予防は秋から始める!原因別「冷え」対策

banner

YOIKOTO LABO(ヨイコトラボ)はリラクゼーションサロン  クイーンズウェイ(Queensway)が提供しております。