冬の不調予防に!寒さに負けないリフレクソロジー | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 冬の不調予防に!寒さに負けないリフレクソロジー
Beauty&Healthy
2018/12/28

冬の不調予防に!寒さに負けないリフレクソロジー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

寒くなってくるとすぐに風邪を引いてしまったり、不調が続いてしまう…という方、少なくないのでは?冬は体が冷えやすく、疲れが不調としてあらわれやすい季節。体調を崩さないためには、日頃から体を温めることと、セルフケアを怠らないことが大切です。

そこで今回は冬を乗り切るためのセルフリフレクソロジーのやり方をご紹介します!


  リフレクソロジーで血流をアップ!

寒さからくる不調には、血流が深く関わっています。寒くて体が冷えてしまうと、血流が悪くなってしまい、リンパの流れも滞りがちに。そうすると老廃物が体内に蓄積されてしまい疲労感がとれにくくなり、免疫が低下。風邪もひきやすくなります。

つまり、寒さに負けないためには“血流の良い体”を目指すことがポイントです。そこで役立つのがリフレクソロジー。反射区を刺激することで全身の血行が良くなり、リンパの流れを改善する効果が期待できます

足裏や手全体をまんべんなく刺激するだけでも体がポカポカしてきますが、体調に合わせて反射区を選んで刺激するとより効果的。

そこで、寒さからくる体のお悩みに効果的な反射区の刺激方法を解説します。


  上半身のこり

寒くなると悪化しやすい首、肩のこりを改善

寒さでがちがちに凝り固まりやすい首、肩のこりに効果的なのは、足裏にある首と肩の反射区です。


  首の反射区

首の反射区は足の親指の付け根あたりです。手の親指を使ってグリグリと刺激します。左右の足裏を行います。


  肩の反射区

肩の反射区は足の小指の付け根から土踏まずにかけてのあたりです。小指の付け根にに向かって刺激します。左右の足裏を行います。


  背中のだるさ

姿勢の悪さからくる背中の疲れを和らげる

気温が下がると体が丸まって猫背になりやすく、背中に負荷がかかってしまいがち。しかし背中周辺にはリンパが集中しており、姿勢が丸まった状態が続くとリンパの流れが悪化。背中以外の不調の要因にもなってしまいます。

そんな背中のだるさに効果的なのが、手にある肩~腰の反射区と、足の甲にあるリンパの反射区です。


  肩~腰の反射区

肩~腰の反射区は小指の下から手首までのラインにあります。反対側の手を使って揉むようにまんべんなく刺激します。イタ気持ちいいと感じる強さで刺激しましょう。


  リンパの反射区

リンパの反射区は足の甲の指と指の間です。握りこぶしを作って、足の指の付け根から足首に向かってスライドさせるように刺激しましょう。


  胃腸の疲れ

自律神経を整えてお疲れ気味の胃腸をケア

冷えによって自律神経のバランスが乱れると、胃腸に負担がかかります。しかも年末年始はイベントも多く、外食続きがちで、胃腸は弱ってしまいやすいもの…。

そんな胃腸の疲れに効果的なのは、足裏にある胃の反射区自律神経の反射区です。


  胃の反射区

胃の反射区は足の親指の下、土踏まずあたりです。親指の腹を当ててかかと側に向かってすべらすように刺激しましょう。


  自律神経の反射区

自律神経の反射区は「ソーラープレクサス」とも呼ばれ、土踏まず上あたりのくぼみにあります。両手の親指で奥深くまで押しながら刺激を与えましょう。徐々に力を強くし、押したりゆるめたりを繰り返しましょう。


ぜひ日々のセルフケアとして、ご紹介したセルフリフレクソロジーを試して下さいね♪

ケアは日々の積み重ねが大切ですが、時にはセラピストによる本格的なリフレクソロジーをサロンで受けてみてはいかがでしょう?

リフレクソロジーサロン「クイーンズウェイ」では、身も心もすべてゆだねられるリラックス空間で、セルフリフレでは味わえないプロの手による絶妙な気持ちよさの施術でリフレッシュできます。

ぜひお近くのサロンを検索してみて下さい。

【関連記事】
疲れやすい女性のための体質改善テクニック
風邪予防にも♪冬の不調にアロマケア
免疫up!ポカポカ【温活】お家でリフレ
厚着をしても体が冷える…寒がりの原因は「自律神経の乱れ」かも!

banner