入浴タイムを工夫してデトックスしやすい身体づくり♪ | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 入浴タイムを工夫してデトックスしやすい身体づくり♪
Life style
2018/10/26

入浴タイムを工夫してデトックスしやすい身体づくり♪

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

疲れが溜まるとともに体内に蓄積される老廃物や毒素などがスムーズに排出されないと、脚のむくみや、肩・首のこり、だるさなど、不調となってあらわれてしまいます。

そこで毎晩の入浴タイムを使って上手にデトックスできる身体づくりを行いましょう!


  入浴+お風呂セルフマッサージで、血流とリンパの流れを改善しよう

立ち仕事、座りっぱなし、運動不足などが原因で血の巡り、リンパの流れが滞ってしまうと、老廃物や毒素、余分な水分、脂肪などをうまく外に出すことができず、どんどん体内に溜まってしまいます。

体内に老廃物などが溜まってしまうと、むくみや肌荒れ、肥満などトラブルの元ですので、毎晩の入浴によって血流とリンパの流れを改善し、デトックスを促しましょう。

湯船につかるだけでも良いですが、お風呂の中で廃物や脂肪を押し流すイメージで全身をセルフマッサージをすればより効果的です。


  Step1:湯船につかって身体を深部からしっかり温める

まずは湯船につかって身体を温めます。38~39℃のお湯に10分ほどつかれば温まってきます

好きな香りの入浴剤を入れてみたり、好きな音楽を流してリラックスしながら入れば、10分はあっという間です。


  Step2:身体が温まったら水分補給をしてセルフマッサージ

湯船でしっかり身体が温まってからセルフマッサージを行います。その前に少し水分補給をしておきましょう。太ももから順番に、ふくらはぎ、ヒップ、頭皮をほぐします。


  太もも

水分をとったら、まず脚の付け根、太ももそけい部を親指でほぐします。

脚の付け根部は太い血管や多くのリンパ節が集中しているので、硬くなっていると血の巡りが悪くなり、むくみやすくなります。親指を使ってまんべんなくほぐしましょう。

脚の付け根部をほぐしたら、太ももの外側をつかんでほぐします。脚の付け根部から膝に向かって手でつかみほぐします。続けて、太ももの内側、裏側とつかんでほぐします。

続いて握りこぶしをつくって流します。膝から太ももに向かって、外側、内側、裏側と3方向に分けて、各5、6回程度しっかりと流しましょう。


  ふくらはぎ

親指以外の4本の指で膝の裏側をもみます。左右とも行います。

その後、ふくらはぎを両手でつかんほぐします。最後に握りこぶしを作って、足首から膝裏まで流します。外側、裏側とまんべんなくほぐしましょう。


  ヒップ

お尻まわりを両手でつかんで、硬くなった部分をほぐします。その後、握りこぶしを作り、太ももとお尻の境目から腰に向かって下から上へ流します。まんべんなく流して、血の巡りを良くします。

冷えやすいヒップは血の巡りも悪くなりやすく、老廃物や脂肪が溜まりやすいので、しっかりほぐして血行を促進しましょう。


  頭皮

頭部にはリンパ節がたくさんありますので、シャンプーをするとき、頭皮をセルフマッサージする感覚で洗うといいでしょう。

指の腹で円を描くように洗うと効果的です。抜け毛や白髪予防に役立つだけでなく、顔のむくみやたるみ、シワの改善にもつながります。


老廃物や毒素などをスムーズに排出できる身体になるには、日々の積み重ねが大切です。まずは手軽な入浴タイムから工夫して、デトックス力を上げていきましょう!

【関連記事】
リフレクソロジーでデトックス!老廃物を溜めない体づくり
今日からデトックス♪簡単に始められる3つの方法
いつでもどこでもデトックス!覚えておきたいリンパの位置
酵素浴&岩盤浴で全身デトックス♪美楽温泉SPA-HERBSへ行ってみた!

banner