自律神経を整えるおうちストレッチ5選 | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
Life style
2018/09/27

自律神経を整えるおうちストレッチ5選

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

自律神経は交感神経副交感神経の2つの神経で構成されています。2つの神経のバランスを保つことは、はつらつとかろやかに、ヘルシーに日々を生活するためにとても大切です。

そこでおうちで簡単に出来る、自律神経を整えるストレッチを紹介しましょう。


  自律神経のバランスを整えて、日々をかろやかに心地よく過ごそう!

自律神経は脳や脊髄から枝分かれし、全身に広がっています。自律神経は、体を活発にさせる交感神経沈静させる副交感神経の2種類の神経で構成されています。この2つの神経がバランスよく働くことは、心身ともに健康な生活を送るためにはとても大切です。
でも日々忙しく過ごしている現代人は常に交感神経が優位になりがちで、心も体も緊張した状態になっているケースが多く、バランスがとりにくくなっています。
自律神経のバランスが崩れると、血の巡りが悪くなったり、その結果代謝の低下、消化不良になるといったことが起こったり、疲れやすい、太りやすいなどさまざまな体と心のトラブルが起こりやすくなります。

そこで行いたいのが自律神経を整えるためのストレッチ。自律神経は脊髄、脳から枝分かれして全身へとつながっているので、背骨まわりを中心にストレッチで整えます。このストレッチをデイリーケアとして取り入れて、自律神経を整えて、ヘルシーな心と体をキープしましょう。


  首のばしストレッチ

頸椎と頭をつなぐ関節のこわばりを伸ばしてほぐします

Step1. 息を吸いながら背筋を伸ばして、息を吐きながら頭を右に倒します。右手を頭の上に置き、手の重みで肩から首にかけて伸ばします。
次に息を吸いながらアゴを引き、右斜め前に頭を倒します。左手を頭と対角線上になるように後ろに伸ばして、背中から首にかけて伸ばします。反対も同様に行います。

Step2. 両手を組んで後頭部に手のひらを置きます。息を吸いながら背筋を伸ばし、息を吐きながらアゴを上に上げて目線は天井に。約10秒キープ。
息を吸いながら頭を戻し、息を吐きながらアゴを引いて頭を下に下げます。約10秒キープ。

Step3. ②の状態から両手をほどいて、息を吸いながら頭を右から回し、頭が後ろにいったら息を吐きながら戻ります。この動きを2回行ったら、反対回しも同様に。


  背骨を側屈させてストレッチ

椅子に座って両手を組み、後頭部に手のひらをつけます。息を吸って背筋を伸ばし、両肘はしっかりと開いて、胸も開く。息を吐きながら体を右に倒して約15秒キープ。
息を吸いながら元の姿勢に戻り、息を吐きながら体を左に倒します。なるべく頭のてっぺんを遠くに維持して約15秒キープ。


  背骨まわりをねじってストレッチ

両手を組み、後頭部に手のひらをつけます。息を吸って背筋を伸ばし、両肘、胸を開きます。息を吐きながら右にねじります。左肘が閉じやすいので両肘はしっかりと開いたまま維持し、ねじりきったところで約15秒キープ。
息を吸いながら正面に戻り、息を吐きながら左にねじります。こちらも約15秒キープ。右肘が閉じやすいので両肘をしっかりと開き、胸を開く
背筋を真っすぐすることを意識します。


  胸を開いてストレッチ

両手を背中の後ろで組み、組んだこぶしをお尻のほうへ引き、胸を開きます。肩甲骨と肩甲骨を背骨に寄せる意識をして、約15秒キープ。
余裕があれば、胸の真ん中を少し上に突き出し目線は斜め上へ。


  チャイルドポーズでリラックス

最後にリラックスポーズで背中をゆるめます。正座になって息を吸い、息を吐きながら上体を倒します。両腕は前に一度伸ばしてから両肘をゆるめます。両腕は体の横に伸ばし手の甲を床に下してもOK。好きな方向に両腕を伸ばし、約1分キープします。

いずれのストレッチ、ポーズをとるときも呼吸を止めないように深い呼吸を意識して行いましょう


  パーソナルストレッチで健康も美も手に入れよう

心と体のメンテナンススポットとしておすすめしたいのが、「Q'sストレッチ(キューズストレッチ)」。ひとりひとりの体にあわせて、プロによる施術を受けることが可能です。[詳細はこちら]
何となく疲労がとれないという方から姿勢を改善したい美しいボディラインをつくりたいなど、要望に応じてメンテナンスメニューも豊富に用意されています。

気が付かないうちに自律神経のバランスは崩れていくもの。定期的にメンテナンスをすることで毎日がもっと豊かになるはずです。

【関連記事】
運動嫌いでも大丈夫!ゆるストレッチでダイエット
イライラや落ち込み、原因は「寒暖差」かも!秋のメンタル対策
痩せやすい体になる!姿勢改善ストレッチ
本来の美しさを引き出す『筋膜ストレッチ』

banner