熱帯夜も快眠!快適に過ごせる夏の寝室づくりのポイント | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 熱帯夜も快眠!快適に過ごせる夏の寝室づくりのポイント
Life style
2018/07/25

熱帯夜も快眠!快適に過ごせる夏の寝室づくりのポイント

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

ジメジメして暑い、寝苦しい夏の夜…。少しでも気持ちよく眠って爽やかに目覚められるように、寝室の環境を見直しましょう!

今回は、熱帯夜でも快眠するための寝室づくりのポイントをご紹介します。


  室温は28度以下をキープ

暑い夜も快眠するには室温を28度以下に保つことが理想。就寝1時間前にエアコンを25度に設定して部屋を冷やし、就寝時はエアコンの温度を27~28度に変更。外気温が25度を上回る熱帯夜は、一晩中エアコンはつけっぱなしにしておいたほうが賢明です。涼しい夜は3時間程度でエアコンが切れるようにタイマーを設定しましょう。

エアコンを使うだけでなく、遮熱カーテンを設置するなどして、寝室の温度が上がらないように工夫することも大切です。

扇風機を活用するのもいいでしょう。風が直接体に当たらないように気を付けて、首振り機能を使いましょう。エアコンと併用する場合は、首を上向きにすることで部屋の空気がまわり、効率よく温度が下がります。


  寝具は夏素材にチェンジ

寝具の素材や組み合わせを季節によって変えることが快眠のコツ。夏は湿気を吸い取り、放出しやすい麻素材の寝具がおすすめです。軽くて通気性の良いタオルケットガーゼケットなどを用意しましょう。

暑いから掛け布団はいらないのでは?と思われがちですが、エアコンで体を冷やしてしまわないために掛け布団は必要です。


  冷感シーツで背中のムレ対策

熱帯夜は背中が汗で蒸れやすく、寝返りの回数が増えます。寝返りをすること自体は悪いことではありませんが、回数が多すぎると睡眠の妨げになります。

そこで用意したいのが冷感素材のシーツベッドパッド。最近は各メーカーからさまざまな冷感素材が開発されており、ひんやり感が続くアイテムが豊富に出揃っていますので、蒸れ対策に活用しましょう。


  ひんやり枕で頭を冷やす

シーツと同じく枕カバーもひんやりする冷感タイプの素材がおすすめ。暑くて寝付けない夜は、氷枕冷却ジェル枕を使って頭~首を冷やすのもいいでしょう。

脳の温度を下げることで睡眠に入りやすくなり、睡眠の質が高くなるとも言われています。眠りにつくまでの間に、頭のクールダウンをするといいですよ。


  部屋の空気は綺麗に保つ

夏に限らず、寝室の空気を綺麗に保つことも快眠のために心がけたいポイント。空気が汚れていると睡眠中の呼吸が浅くなり、また汚れた空気を吸い込むことになるので、結果的に睡眠の質も下がります。

寝室はこまめに掃除機をかけ、空気清浄機などを設置し、綺麗な状態を保ちましょう。 


  この夏、快眠空間で癒されよう♪

熱帯夜続きで、毎晩、寝ても今ひとつすっきりしない…という方は、まずは快適に眠れる寝室づくりにトライしてみて下さいね。

とはいえ、暑さが原因で睡眠の質が落ちてしまうと、体の疲れは中々とれないものです。

そんな時は極上の眠りに導く空間『Q’s for-rest(キューズフォレスト)』で癒されませんか?快眠セラピストがプロデュースした、快眠へ導くために作られた空間の中で、寝落ちしてしまうと話題のドライヘッドスパを受けることができます。[詳細はこちら]

夏こそ快眠にこだわって、暑さに負けずに過ごしましょう!

【関連記事】
不眠改善!ヘッドスパが「とにかく気持ちいい!」と噂の【Q’s for-rest】に行ってみた♪
頭皮をほぐして睡眠の質を上げる♪快眠ヘッドマッサージのやり方
極上の快眠と癒しが手に入る「五感」を使ったリラックス方法♪
ストレス解放♡快眠に導くアロマ活用法

banner