食事制限より効果的!?健康的に痩せる方法 | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 食事制限より効果的!?健康的に痩せる方法
Diet
2018/05/10

食事制限より効果的!?健康的に痩せる方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

女性にとって、ダイエットは永遠のテーマ…でも、痩せたいからと言って極端な食事制限を始めても、習慣化する前にギブアップしてしまい、長続きしにくいうえ、体に負担がかかり過ぎてしまいます。

そこで今回は、食事制限なしでも健康的に痩せる方法をご紹介します。


  続かない食事制限より、ストレスなく続けられる方法で痩せる。

Dietary rest

食事制限は根気よく続けるには難しいダイエット方法ですよね。どうしても仕事上の付き合いで外食が多い方や、プライベートの唯一の楽しみが食事という方もいるでしょう。

確かに、食べないことによって「体重」という数字が変わると、ダイエットの効果は実感しやすいです。しかし、1日1食にしたり、特定の食材を避けるような食事制限を行うと、栄養状態が偏り、健康を維持することが困難となってしまいます。免疫力や代謝の低下を招き、風邪をひきやすくなったり、今までより太りやすくなったり、更には重大な病を引き起こす原因ともなります。

つまり、正しい知識を持って食事制限を行わないと、本末転倒ということ。無理に食事制限に取り組むよりは、ストレスを感じない方法を続けていくほうが、よっぽど効果的でリバウンドもしにくいでしょう。

早速、誰もがすぐに始められ、食事制限より継続しやすい方法をお伝えしましょう。


  1:よく噛んでゆっくり食べる

Chew well and eat

健康的に痩せるには、よく噛んでゆっくり食べることが大切です。目安としては、1口で30~50回は噛むことが理想。

食事を始めてから満腹中枢が刺激されるまで20分はかかると言われています。早食いであればあるほど「お腹がいっぱいになった」と感じにくく、本当はお腹がいっぱいでも食べ続けてしまい、食べた後に物足りなさを感じてしまいます。

現代人は忙しさのあまり食事にかけられる時間が少なく、コンビニ弁当を買ってきてパソコンをしながら食事をとるといった“ながら食い”をしてしまったり、ゆっくり食事に集中できないことが多いのが現状です。

しかし、少しでもゆっくりと食事をとることで満腹中枢を刺激すれば、無理なく摂取カロリーを抑えることができるのです。

  よく咀嚼することで消化の負担が軽減

よく噛むことは便秘の防止にもつながります。消化にかかる負担と時間が減るためです。しっかり咀嚼することはダイエットのためだけでなく、健康維持にもメリットがあるのです。


  2:食べる順番を変える

meal image

食事を食べるとき、サラダやおかずを食べる前にいきなりご飯をかきこんでいませんか?

よく言われる内容ですが、やはり食べる順番はとても大切。とは言え、細かくこだわりはじめると、またそれがダイエット中の負担になり、ストレスを抱える原因になってしまうため、ここでは注意しておきたいポイントをひとつだけお伝えしておきます。

それは、果物・野菜から食べ始めること。たったこれだけでも十分効果的です。

空腹時に、血糖値の上がりやすい糖質(スナック菓子類、穀物類、芋類、根菜類など)をいきなり食べ始めると、血糖値を早く下げるためにインスリンが大量に分泌されます。インスリンには使いきれなかった糖を脂肪に変えて蓄える働きがあるため、大量に分泌されると太りやすくなるのです。

  空腹時のおやつにも注意

空腹時の間食にいきなり高カロリーのお菓子を食べれば、当然、血糖値は急上昇しますので要注意。血糖値は、普段から急激に上昇させない習慣をつけていれば急激に下がることもないので、食べる順番を意識しながら食事を続けていけば、お腹が空いて甘いものやスナック菓子を食べたくなるということもなくなってきますよ。

  ゆっくり食べて血糖値の急上昇を抑える

早食いも血糖値を上昇させます。例えば同量の糖質をとったとしても、短時間に摂取するほど血糖値の上昇スピードは早くなります。血糖値を一気に上昇させないという面でも、ゆっくり食べることは大事なんです。


  3:食事内容と体重を記録する

Take a meal

毎日、口にする食べ物、飲み物など、食事内容をすべて記録することで、本当に体が欲して口にしていたものなのか、余計なものを口にしていないかなどを振り返ることができ、知らない間に減量につながります。

金銭的にも無駄を省けるようになるため、節約にも!体重も記録しておくと、よりシビアに自己管理ができるようになります。


  4:睡眠不足をなくす

woman sleeping

十分に睡眠をとることが、ドカ食い予防になることをご存知ですか?実は、睡眠不足の人には「グレリン」というホルモンの分泌量が増えることがわかっています。グレリンは食欲を増進するホルモン。つまり、睡眠不足の人ほどお腹が空きやくなってしまうのです。

ちなみに、睡眠は細胞の修復に欠かせない成長ホルモンを分泌することにもつながります。成長ホルモンは新陳代謝を促進し、細胞の修復を行う際にエネルギーを消費するので、ダイエットに役立つと言われています。

☆こちらの記事もおすすめ>> 深い眠りで痩せる♡寝るだけ「睡眠ダイエット」とは?


  痩せるには継続が大事。エステも続けられる価格帯のサロンを!

slim lady

これらの方法を続ければ、張り切って食事制限をしなくても、自然とカロリーの摂取量を抑えることができますよ。

ただ、リバウンドはしにくいですが即効性があるとは言えません。直近にイベントやデートを控えて、すぐにでも痩せたい!という時は、やはりエステがおすすめです!

「クイックスリム Qtto(キュット)」は、本格的な施術を10分1,500円~の安心価格で受けることができます。手の届きやすい価格帯な上、気になるパーツだけを選んで施術を受けられるので、中長期的に続けやすいのも魅力です。[詳細はこちら]

☆こちらの記事もおすすめ>> 20分でマイナス2cm!クイックスリム「Qtto」へ行ってみた♪


無理をすることなく、自分のペースで長期的に行うのが、リバウンドを避けて健康的に痩せるためのコツです。自分が継続しやすい方法で健康的なダイエットに励みましょうね♪

【関連記事】
運動嫌いでも大丈夫!ゆるストレッチでダイエット
押すだけで痩せる!?ダイエットに効果的な反射区の位置
痩せやすい体を作るには?基礎代謝を高めて太りにくい体質作り!
生理周期を上手に活用!体に優しいダイエット♡