【原因別】便秘の予防方法は?食事以外でできることは? | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 【原因別】便秘の予防方法は?食事以外でできることは?
Beauty&Healthy
2018/04/25

【原因別】便秘の予防方法は?食事以外でできることは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

便秘の原因は様々あり、原因によって日頃の予防方法も異なります。昔からの便秘体質の人でなくても、生活環境の変化や、過度なストレスなどによって、突然便秘になる人も少なくありません。

そこで今回は、代表的な便秘の原因を掘り下げ、原因別に便秘予防法をご紹介します。


  便秘の種類

一般的な多くの便秘は「機能性便秘」と呼ばれており、

1.弛緩性便秘

2.けいれん性便秘

3.直腸性便秘

以上の3タイプに分類できます。

それぞれの特徴と考えられる原因、予防方法を見ていきましょう。


  タイプ1.弛緩性便秘

大腸の運動が低下し、腸管の緊張が緩み、ぜん動運動が十分に行われないため、大腸内に便が長く留まってしまう便秘です。

水分が過剰に吸収されて、硬くなってしまう傾向があり、便秘の中でも頻度が高いタイプと言われています。

お腹が張る、残便感がある、便意をあまり感じられない、食欲の低下、イライラ、肩こり、肌荒れなどを伴うことがあります。


  考えられる原因

運動不足、水分不足、食物繊維不足、腹筋力の低下、極端なダイエットなどが誘因に。


  弛緩性便秘の予防法

筋力の衰えも影響しているため、ジョギングやウォーキングなどをして、ゆっくりと筋力を鍛えるようにしましょう。

また腸のぜん動運動が弱くなっているタイプなので、意識的に腸を刺激することも大切です。「腸揉み」の方法を以下の記事でご紹介していますので、参考にして下さいね。

☆腸揉みのやり方


  タイプ2.けいれん性便秘

大腸の過緊張によって引き起こる便秘。痙攣を起こしたように大腸が収縮するため、便がスムーズに移動できず腸の中に停滞してしまう便秘です。 ウサギのフンのようなコロコロとした便になるタイプ

食後に下腹部痛や残便感があったり、便秘と下痢を交互にくり返したりすることも多いのが特徴です。比較的、若年層に多く、腹痛を伴う場合があります。


  考えらえる原因

精神的ストレスによって自律神経が乱れ、大腸が過敏になっているケースが多いです。環境の変化、過敏性腸症候群なども誘因に。


  けいれん性便秘の予防法

ストレスが大きく関係しているので、リラックスする時間を作ることがやはり重要。そして、十分に睡眠時間を確保すること!

食事は腸内環境を整える働きのある、海草やこんにゃくなど、水溶性食物繊維を含む食材を意識して食べると効果的です。

逆に根菜、緑黄色野菜、きのこ、豆類などの不溶性食物繊維の食材は、大腸への刺激が強く、便秘が悪化する恐れも。

☆食物繊維を豊富に含む食材


  タイプ3.直腸性便秘

直腸に便が停滞してしまう便秘です。直腸まで届いても排便反射が起こらず(便意が生じなくて)、直腸に便が停滞し上手に排便ができなくなるタイプです。

直腸内に大量に便がたまって水分が吸収されてしまうので、硬くなった便が、肛門に蓋をしてしまっている状態です。


  考えられる原因

排便を我慢する習慣がある人に多くみられます。 トイレに行ってもなかなか便が出ないという人や、出しても残便感が生じる人は要注意です。


  直腸性便秘の予防法

朝食をしっかりと摂るようにして、朝はトイレに行くという、規則正しい習慣を身につけることが大切です。なるべく我慢はしないようにしましょう。

また水溶性食物繊維水分を積極的に摂るようにして、柔らかく量のある便の状態を作るようにしましょう。


  食事以外でできる便秘予防方法

食事以外の便秘予防法として、あらゆる便秘タイプの方に共通しておすすめしたい方法リフレクソロジーです。

便秘に限らず、お腹の不調がある時は、胃、小腸、大腸の反射区を中心に刺激するといいでしょう。反射区の位置は以下の記事を参考にして下さいね。

食べ過ぎ・飲みすぎの後にも♪快腸リフレクソロジーのやり方

リフレクソロジーが初めてという方は、熟練のセラピストによる施術を受けられる専門サロンに行ってみてはいかがでしょう?リフレクソロジーサロン「クイーンズウェイ」は全国に店舗があるので、お近くのサロンも見つけやすいですよ。


やみくもな便秘対策は、かえって便秘を引き起こす原因になってしまうこともあります。

自分がどのタイプの便秘になりやすい体質かを把握すること、そして自分のタイプに合った予防を続けることが大切ですよ♪

【関連記事】
便秘になりやすい人の特徴とは?今日からできる改善法
「腸活」とは?今日からはじめたい腸を整える方法
便秘改善にも!下腹部スッキリマッサージのやり方

夏こそ「便秘」になりやすい理由とは?便秘解消につながるセルフリフレのやり方