早めの紫外線対策が肝心! 日焼けしにくい肌になる方法 | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 早めの紫外線対策が肝心! 日焼けしにくい肌になる方法
Beauty&Healthy
2018/04/06

早めの紫外線対策が肝心! 日焼けしにくい肌になる方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

日焼け止めを塗っているのに、日焼けしやすい人、日焼けしにくい人がいます。どうしたら夏の間も、みずみずしい肌を保てるのでしょうか。今回は、日焼けしにくい肌になる紫外線対策の方法をお伝えします。


  あなたの肌質はどのタイプ?日焼けして黒くなる理由とは?

同じ環境で外出しても、日焼けしにくい人と、日焼けしやすい人がいます。「どうして私だけ黒くなるの?」と、使っている日焼け止めの効果を疑ったり、そういう体質なんだと諦めていませんか?

確かに、日焼けしやすい肌質の人はいます。でも一概に、黒くなることが悪いことではないのです。肌が黒くなってしまうのは、細胞がダメージを受けないように、紫外線の刺激を察知するとメラノサイトがメラニン色素をつくり、皮膚の奥まで紫外線が入り込まないようにブロックしているため。メラニン色素が増えると肌は黒くなります。

逆に肌が赤くなって黒くなりにくい方は、メラニン色素が少ないため紫外線に対して抵抗力が低いといえます。つまり、赤くなるだけで黒くならない肌質の人のほうが、細胞が受けるダメージは大きくなります

日焼けにより肌が黒くなったり、赤くなったとしても、時間の経過とともに元に戻り、シミにならなければ肌は正しく機能しているといえます。


  紫外線対策の要!効果的な日焼け止めクリームの塗り方

肌質に関係なく、紫外線からお肌を守ることが日焼けを避けるためには必須です。

紫外線はUV-A、UV-B、UV-Cの3つに分けられます。

UV-Aは長時間浴びてもヒリヒリしにくいため、紫外線を浴びていることに気付きにくいのですが、肌の奥深くまで入り込み、時間の経過とともに影響が現れます。

UV-Bは長時間浴びていると、肌がジリジリ焼ける感覚が伝わります。日光を浴びた後、肌が炎症を起こして赤くなるのは、主にUV-Bが原因です。

UV-Cはオゾン層に遮られており、地上には届きません。つまり、防ぐべきはUV-A、UV-Bの2つということ。

これらの紫外線からお肌を守る手軽な対策が、日焼け止めクリーム等を塗ることです。

日焼け止めクリーム等にSPF、PAと表示されていますが、UV-AをブロックするのがPA。PAは、+と表示されていて、+の数が多いほど紫外線防止効果が高くなります。UV-BをブロックするのがSPF。SPFは1~50の数値で表示されています。一般的な目安として、SPF1で20分間、防げると言われています。 

効果的な塗り方は、2、3時間置きにこまめに塗り直すこと。SPFの数値にこだわるよりも、自分の肌質に合った日焼け止めクリームを、こまめに塗り直すことがベター。


日焼け止めクリーム等を塗るだけでなく、普段着るものや身につけているものを少し変えるだけで、より効果的に紫外線を防ぐことができますよ。

洋服や日傘、帽子などを選ぶときは紫外線を通しやすい白や薄い色は避けて、黒や色の濃い色を選ぶのがコツ。

逆にサングラスは薄い色のものを選びましょう。色の濃いものを選ぶと瞳孔が開きやすくなり、より多くの紫外線を浴びることになってしまいます。


そして油断できないのが、季節や天候。紫外線は季節に関係なく、また、曇りの日も1年中降り注いでいます

夏は日差しが強いので自然と気を付ける意識が高まりますが、紫外線対策は1年通して行いましょう。 


  お肌の乾燥は大敵!こまめな保湿を

お肌が乾燥していると日焼けしやすい肌になってしまうので、乾燥対策も必要です。

毎日、洗顔後はたっぷりの化粧水と乳液でお肌を保護。お風呂の後も同様です。手のひらの温度を肌で感じるまで両手で頬を覆い、お肌をしっかりと保湿しましょう。

部屋では加湿器を活用したり、乾燥していると気が付いたときは濡れたタオルなどをハンガーにかけて部屋に吊るすのもOK。

意外と忘れがちなのが車内。車内は乾燥しやすい環境がそろっているので、お肌が乾燥していると思ったら、簡易的な化粧水スプレーなどでお肌の潤いケアを行いましょう。 


また最初の話に戻りますが、日焼けしてもシミもなく元の状態に戻る場合、肌は正常に機能していますが、元に戻りにくい場合は、新陳代謝が悪くなっていることが考えられます。

新陳代謝を活発にするには、定期的な運動で汗をかき、老廃物を流すことが大切です。

一日の終わりには湯船に入り、体を温めて、血の巡りをよくしましょう。冷えは新陳代謝の低下を招きます。

血の巡りをよくして体を温める方法は、以下の記事も参考にして下さいね。

【末端冷え性さん】血行促進ストレッチ

お風呂で冷え対策!体の芯から温まる入浴術

自宅で足湯をやってみた!全身ポカポカ冷え対策


季節問わず、晴れの日も曇りの日も、積極的に紫外線対策を行って、みずみずしいお肌をキープしましょうね。

【関連記事】
冷えを改善し肌荒れを防ぐ♪美肌のための『温活』ケア
肌荒れ対策や美肌にも「リフレクソロジー」は効果的だった!

乾燥シーズン到来!肌トラブルを防ぐ血行促進セルフマッサージ
気になるニキビやたるみは「むくみ」が原因かも!?毎日のむくみケアで美肌に♪

関連記事