疲労回復には睡眠が大事!疲れをためない快眠方法 | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 疲労回復には睡眠が大事!疲れをためない快眠方法
Life style
2018/02/08

疲労回復には睡眠が大事!疲れをためない快眠方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

睡眠は、体と心を休ませて元気を取り戻す、大事な疲労回復の時間。にもかかわらず、わたしたちは忙しくなると、ついつい優先順位を下げて、睡眠時間を削ってしまいがち。

睡眠時間が短い、眠っても疲れがなかなか取れない…など、多くの人が、睡眠に問題を感じています。睡眠不足によって疲れをためてしまわぬよう、疲労回復に効果的な快眠方法を知っておきましょう。


  心身の疲労を癒す快眠を得るには、「寝つき」を改善すべし。

疲労回復を促す、質の高い睡眠をとるには、寝つきにこだわりましょう。

ベッドに入ってすぐに “ストン” と眠りに落ちるのが、理想の入眠です。

そしてスムーズに入眠するには、就寝前に体の緊張がほぐれたリラックス状態であることが大前提。

長時間のパソコン作業など、日中の活動やストレスによって交感神経が優位に働いて緊張状態になっている体を、就寝前、副交感神経が優位のリラックス状態に切り替える必要があるのです。

早速、体をリラックス状態に切り替え、寝つきを良くする快眠方法をご紹介します。


  疲労回復を促す効果的な快眠方法① 部屋の明かりを調整

まず、部屋の明かりを落としましょう。光の刺激は交感神経を働かせてしまうため、夕方以降は出来るだけ浴びないようにするのがベター。最低でも寝る30分前から、ほの暗い明かりの “黄昏空間” を作りましょう。

イメージは「夕日」。沈んでいく夕日のように、オレンジ系の暖かい色味の照明で、低い位置から照らす明かりに切り替えましょう

間接照明がなければ、手持ちの電気スタンドで床を照らして、天井の照明を消すだけでも十分効果があります。


  疲労回復を促す効果的な快眠方法② アロマを焚いて深呼吸

ほの暗い空間を作ったら、深呼吸をしてみましょう。息をゆっくり吸って、ゆっくり吐く。これを繰り返すだけでも、少しずつ体や筋肉の緊張がとけていきます。

呼吸でお腹をマッサージするような感覚で、カラダの内側に意識を向けましょう。呼吸に集中して繰り返していくうちに、頭の中が空っぽに、心が静かに落ち着いていきます。

このとき、好きな香りを空間に漂わせると更にリラックス効果が高まります。香りは心地いいと思えるものを選びましょう。

おすすめはラベンダーの精油。数ある精油の中でもラベンダーの香りは安眠に効果的と言われています。

ペパーミント、レモン、ローズマリーなど、交感神経を刺激するフレッシュな香りは単体では使用せず、ラベンダー、フランキンセンスなど落ち着いた香りの精油とブレンドして使いましょう。


  疲労回復を促す効果的な快眠方法③ ベッドの中で脱力深呼吸

ベッドの中に入ったら、背伸びをして呼吸に合わせて脱力する「脱力深呼吸」を行いましょう。無意識のうちに力が入ってしまっている体の緊張がとけていきます。

【脱力深呼吸のやり方】

1. 仰向けになり、両手を頭の上に伸ばして、ゆっくりと鼻から息を吸いながら思い切り伸びをします。

2. ゆっくりと息を吐きながらパッと力を抜いて、全身の力が抜けるのを感じます。

3. 鼻から息を吸い、お腹に空気を入れます。

4. ゆっくりと口から息を吐きながら、伸びをします。吐ききったら、全身の力を抜いてゆるめましょう。


  疲労回復を促す効果的な快眠方法④ 香りと光を楽しむバスタイム

時間に余裕がある日は、就寝の1~2時間前に入浴を楽しみましょう。アロマキャンドルをお風呂で使えば、香りと照明の灯りで癒されることができます。

こちらの記事もおすすめ>> 癒される♪極上バスタイムの過ごし方

シャワーだけの日は、精油を浴室の床に数滴垂らし、蒸気で浴室全体に広がった香りを吸い込みましょう。体を洗う間などに、洗面器にお湯を張り、精油を数滴垂らして足湯をするのもいいでしょう。

香りが広がった空間で深呼吸をすると、副交感神経が優位になり、寝つきが良くなります。浴槽のふちで頭を支えて、両手で浴槽のふちを持ってゆっくり深呼吸すれば、体が呼吸に合わせて上下する揺らぎを感じられ、心地良い眠けがやってきます。

また、浴室の照明を消して、脱衣所や廊下の明かりだけで入浴するのも良い方法。光の量をごく少量にするだけで、ぐっとリラックスできます。


  疲労回復を促す効果的な快眠方法⑤ 脳の緊張をほぐすヘッドスパ

慢性的に寝つきが悪い方は、頭皮のコリを揉みほぐすことで脳の緊張を和らげる、ヘッドスパを試してみるのも一つの手でしょう。脳が緊張状態にあると、どうしても交感神経が優位に傾いてしまい、体をリラックスさせることが難しくなります。

参考:ぐっすり寝られない…眠りが浅いのは “頭のコリ”が原因かも!?

ヘッドスパは、脳に近い頭皮に心地良い刺激を与えるリラクゼーション法。ヘアサロンなどでもヘッドスパは受けられますが、おすすめはやはり専門店です。

ヘッドスパ専門サロン「Q’s for-rest(キューズフォレスト)」では五感を心地良く刺激しながら、まるで眠れる森に迷い込んだように、いつの間にか眠ってしまうほど、リラクゼーション効果の高い施術が受けられます

「快眠」をとことん追求し、現代人の眠りに関する悩みを改善して、質の良い睡眠へ導けるようサポートしてくれますよ。


どんなに忙しくても、疲労回復を促す快眠を得る方法を知っておけば、疲れの蓄積による疲労の慢性化を防ぐことができます。

まずは照明と香り、呼吸法を使い、上手にリラックスするところから。今夜から “ストン” と寝付ける快眠生活をはじめましょう。

【関連記事】
疲れやすい女性のための体質改善テクニック
気持ちいい睡眠をとるには?眠りの質を上げる4か条
オフィスでできる!疲れを癒す簡単セルフリフレの方法
頭皮をほぐして睡眠の質を上げる♪快眠ヘッドマッサージのやり方