痩せやすい体になる!姿勢改善ストレッチ | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 痩せやすい体になる!姿勢改善ストレッチ
Life style
2018/01/31

痩せやすい体になる!姿勢改善ストレッチ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

どんなに食べても太らない人と、食べるとすぐに太ってしまう人。その違いに、実は姿勢が関係していることをご存知ですか?

今回は、姿勢を改善して痩せやすい体になる姿勢改善ストレッチをご紹介します。


  痩せやすいカラダを目指すなら、姿勢改善から。

私たちは意識をしていないと、ついつい気が緩んで、自分が最も楽な姿勢をとってしまっています。普段、無意識に以下のような姿勢になっていませんか?

・お腹の力が抜けて背中が丸まっている

・首がもたげてしまっている

・片脚に重心を置いて立っている

・脚を組んだり、左右どちらかに傾いて座る

猫背や、肋骨や骨盤がゆがんだ捻れた姿勢でいると、内臓が通常と違う位置にきてしまいます。そうなると、内臓の働きが低下し、血行やリンパの流れが悪くなって代謝が下がります。

代謝が低下すると老廃物の排出機能も落ちてしまい、脂肪を燃焼しにくい状態、つまり太りやすくなってしまうのです。

裏を返せば、姿勢を改善すれば代謝アップにつながり、血行やリンパの流れも改善。痩せやすい体になれるのです!

こちらの記事もオススメ>> 姿勢を良くするメリットは?美姿勢を保つ方法


  姿勢改善ストレッチのやり方

痩せやすい体を作るための、姿勢改善に役立つストレッチ方法を3つご紹介します。

肩甲骨のストレッチ

肩甲骨は、美しい姿勢を作る上でとても大切な部位。猫背の状態は、肩甲骨が開いて、肩が前に出ている状態です。背筋をしっかりと使うためにも、左右の肩甲骨同士を寄せ合うように胸を開きましょう。

≪やり方≫

立っていても、座っていてもできるストレッチです。

1. 肩甲骨で、できる限り大きな円を描くように、大きく肩を回します。

このとき、肩を回すことよりも、肩甲骨周りをほぐすようなイメージで、大きな動きをとりましょう。

2. 体の前面で右腕を左に伸ばし、左腕で下から支えます。吐く息で左腕で右腕を引っ張るようにストレッチ。左腕も同様に行います。

肩甲骨周りが開いていく感覚で行いましょう。

3. 体の後ろで手と手を握ります。一度大きく息を吸って、息を吐きながら肩甲骨同士をさらに寄せ合うように、手のひらと手のひらを合わせて握り合います。

胸が自然と開いていくのを感じましょう。

4. 3のストレッチから、可能であれば両脚を大きく開いて、手と手を握り合ったまま、前屈します。

より肩甲骨周りの深いストレッチを感じられると思います。


骨盤のストレッチ

姿勢を改善する上で、骨盤の歪みを正すことはとても重要です。骨盤の位置が左右対象に正しい位置にあることで、血行やリンパの流れが良くなります。

≪やり方≫

1. 仰向けになり、両手のひらを頭の後ろにあて、膝を立てます。息を吐くタイミングで上体を起こし、右手を左膝にタッチ。息を吸いながら仰向けに戻り、また息を吐くタイミングで上体を起こし、左手で右膝をタッチ。

交互に10回ずつ繰り返します。

2. 仰向けに寝て、両膝を立てます。両手は肩のラインにまっすぐ伸ばし、手のひらは下にしましょう。両膝同士をつけたまま、息を吐きながら両脚をゆっくり右に倒します。ここで15〜20秒ステイ。

肩が床から離れないように注意しましょう。息を吸いながら両膝を元に戻し、息を吐きながら両膝を左にゆっくり倒します。同様に15〜20秒ステイします。これを交互にも同様に5回ずつ繰り返しましょう。

3. 仰向けに寝て、両膝を曲げて腕で抱え込み、そのまま体をゴロンゴロンと前後左右に揺らします。


お腹のストレッチ

姿勢が悪い状態というのは、大抵「猫背」の状態になっています。猫背の状態では、肩甲骨が開いてしまっているほかに、お腹の力が抜けて、ぽっこりお腹になっている状態とも言えます。猫背を改善して、良い姿勢をキープするためには、姿勢を意識しながら腹筋を鍛えるストレッチを行うと効果的です。

≪やり方≫

1. うつ伏せになり、手のひら下にして顔の横に付き、肘を曲げます。

2. つま先を立てて、息を吐きながら体全体を床から離し、前腕で床を捉えて体を支えます。

3. 腕立て伏せの姿勢になり、息を吐きながら肘が90度の角度になるようなら曲げてキープ。

お腹や顎が床につかないようにして、20〜30秒ステイしましょう。これを3セット繰り返します。

このとき、腕に全体重を乗せるのではなく、バランスをとるのはあくまでも「お腹」だということを意識しましょう。お腹に腕やつま先の力を全て集めるようにして、腹筋以外に余計な力が入らないようにします。


  自分のカラダに合ったストレッチを知り、痩せやすい体へ!

体のつくりや状態は人それぞれ違うため、やみくもにストレッチをやっても効果には個人差が出てしまいます。

そのため、効率的に姿勢改善をめざすなら、自分の体に合った、体を痛めないアプローチ方法をプロから教わることも1つの方法です。

そこでおすすめしたいのが、クイーンズウェイ のQ's ストレッチ(キューズストレッチ)セラピストが個人に合ったメニューを組んで、無理なく体の歪みを整えて、正しい姿勢をインプットさせていきます。

その人に適した美しい姿勢を体に覚えさせた上でスタイルアップを目指していくため、自宅で一人でストレッチをするだけよりも効果的。

姿勢改善だけではなく、骨盤調整や全身の筋肉バランスを整えたり、いまの骨格を踏まえて将来的に発生しそうな体の痛みを予防するストレッチなど、さまざまな角度から体へアプローチしてくれます。

是非一度サロンに足を運んでみてはいかがでしょうか?

【関連記事】
室内でできる!お家ストレッチで冬の運動不足を解消
体幹トレーニングで美BODYを作ろう♡
その不調、「猫背」のせいかも?姿勢改善のススメ
下半身太りに効果的!今すぐ始めたい骨盤運動♪