代謝アップも期待できちゃう!揉むだけ美脚リフレクソロジーの方法 | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 代謝アップも期待できちゃう!揉むだけ美脚リフレクソロジーの方法
Diet
2017/08/29

代謝アップも期待できちゃう!揉むだけ美脚リフレクソロジーの方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

スラリと伸びた脚は女性にとって永遠の憧れ。女優さんやモデルさんなどのSNSを見ると、ジムでトレーニングをしたり、高級なボディクリームで時間をかけたマッサージをしたりと、並々ならぬ努力が垣間見えます。

しかし仕事や家事をしながらでは、なかなか自分の時間が無く、十分に手をかけることができないのが現実!そこで今回は、ちょっとした隙間時間を使ってできる、簡単美脚リフレクソロジーをご紹介します。

そもそもリフレクソロジーって何?という方は、まずこちらをチェック♪


  簡単美脚リフレクソロジーのやり方

効果的に簡単美脚リフレクソロジーを行うため、下記のポイントを押さえましょう。

それぞれの部位にかける時間や回数は自分の出来る範囲で無理なく行ないましょう。

 特に気になる部分や疲れが溜まっている箇所を念入りにアプローチしてもOK!

 お風呂上りや就寝前、日中の休憩時間など隙間時間を見つけて試してみてください。

 滑りを良くするためにボディクリームやオイルを使用すると、スキンケアも合わせて出来るので一石二鳥♪

早速、覚えておきたい反射区の位置と刺激方法を解説します。


 骨間+くるぶし

足の甲の骨間とくるぶし周りは、冷えや老廃物、むくみが溜まりやすく意外とケアが行き届いていない部分。触ってみるとぷっくりと膨らんでいたり、冷えていることも少なくありません。

足を動かさないデスクワークや一日を通しての立ち仕事などで、下半身に余分な水分が溜まった足は、血行不良によるむくみを引き起こします。まずは一番心臓から遠い足の甲から血流を良くしてあげましょう。

①手で拳を作り第一関節や第二関節を使って、指と指の骨の間を押し広げるように指先から足首に向かってマッサージしましょう。

②手のひらで足首全体を包み込むようにして、親指でクルクルとマッサージしましょう。

足先は血液の折り返し地点なので、アプローチするだけでポカポカと温まってくるのを実感できます。特に骨間マッサージは末端冷え性の方に効果的。年間を通してケアしていただきたい部位です。キュッと引き締まった足首作りにも効果的です♪

内くるぶし付近には子宮、外くるぶし付近には卵巣の反射区があります。生理痛が気になるときは手のひらで優しく包み込み、足首全体を温めてあげることで生理痛の緩和に効果的です。


甲状腺

甲状腺の反射区は代謝促進のバランスを整え、基礎代謝を調整する効果を期待できます。基礎代謝を上げることで、体を動かしていないときでも脂肪や糖をエネルギーに変えて消費カロリーの高い体質を目指しましょう!

甲状腺の反射区は、足の親指下にある膨らんだ辺りに位置します。足の親指の方向へ押し上げるように、体重を乗せて刺激しましょう。

副甲状腺から分泌する副甲状腺ホルモンは、血中のカルシウム濃度を感知する働きがあります。カルシウム不足を感知すると脂肪を蓄えようとする特性があるので、副甲状腺の反射区も合わせて刺激しましょう。


腎臓+尿管+膀胱

水分代謝の悪い足は、ハリがなくブヨブヨとしていて、心なしか足取りまで重くなってしまいます。余分な水分(水毒)を溜め込まない足にするためには、老廃物を体外へ排出するのが先決。腎臓・尿管・膀胱の反射区を刺激して、老廃物のスムーズな排出を促しましょう。

土踏まずの中心に腎臓の反射区、くるぶし下のぷっくりとした膨らみに膀胱の反射区、この二つをつなぐ中継地点に尿管の反射区があります。腎臓から膀胱までの反射区を流れるように刺激しましょう。親指で体重を乗せながら押し滑らせてください。


ふくらはぎ+膝下リンパ

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれる部位。ふくらはぎが冷えている場合、脂肪や筋肉が凝り固まっている可能性が大。パンやうどんをこねるように、手のひら全体でふくらはぎを揉みほぐしましょう。

ふくらはぎへのアプローチが終わったら、リンパ節の集中している膝裏リンパも忘れずに刺激しましょう。両手で膝裏を包み込み、掘るようにして全体的に揉みほぐしましょう。


ソーラープレクサス

自律神経の乱れを整える効果のある反射区です。湧泉(ゆうせん)、太陽神経叢(たいようしんけいそう)とも呼ばれ、自立神経の乱れからくる不調に働きかけます。美脚の妨げになる冷えやむくみ、ホルモンバランスの乱れなどの改善にもつながります。


美脚は一日だけの努力では手に入れることはできません。毎日まとまった時間を作るのは難しいと思うので、一日1分でも、上記いずれかの反射区や部位にアプローチすることを心がけましょう!

こちらの記事もおすすめ>>

痩せにくい太ももをサイズダウン♪美脚のための下半身痩せリフレ

下半身太りに効果的!今すぐ始めたい骨盤運動♪


「プロの手を借りて美脚に近付きたい!」という方は、リフレクソロジーサロン「クイーンズウェイ」で熟練した技術を持つセラピストの施術を受けることができます。興味のある方は、是非お近くのサロンを探してみてください♪

【関連記事】
押して・ほぐして細くなる♪【ふくらはぎ痩せ】セルフリフレの方法
気になるセルライトをお家でケア!部分痩せセルフマッサージのやり方
「むくみ」と「太っている」の違いとは!?足のむくみ度チェック方法
一日3分でスッキリ美脚!コルギで体内デトックス