代謝アップで痩せ体質へ!1週間短期集中ダイエットリフレ | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 代謝アップで痩せ体質へ!1週間短期集中ダイエットリフレ
Diet
2017/07/05

代謝アップで痩せ体質へ!1週間短期集中ダイエットリフレ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

「まだまだ夏は先だから大丈夫!」と思ってダイエットを先延ばしにしていたら、あっという間に夏が来てしまった…そんなあなたへ!一週間で痩せ体質へと導くダイエットリフレをご提案します♪

ハードな食事制限や運動はもうおしまい。三日坊主の方でも続けられるように、選りすぐりの反射区をご紹介します。


  代謝アップに効果的な反射区5選

reflexology

今回ご紹介するのは、内蔵機能を高めて体の中から痩せ体質をつくるリフレクソロジー。1日5分でもいいので、まずは一週間、毎日続けることがダイエット成功の近道です!

そもそもリフレクソロジーって何?という方は、まずこちらをチェック♪


1. 甲状腺

代謝促進のバランスを整え、新陳代謝を良くする甲状腺の反射区。甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンは、基礎代謝(呼吸や心臓の動き、体温維持など、生命活動に必要不可欠な消費エネルギー)を調整し、脂肪や糖分をエネルギーに変える働きがあります。体を動かしていないときでも、消費エネルギーの高い痩せ体質をつくりましょう。

甲状腺の反射区は、足の親指下にある膨らんだ辺りに位置します。全体を刺激する場合は指の腹で、ピンポイントで刺激する場合は指先を使いましょう!ポイントは、親指方向へ押し上げるように押すことです。

■ Point
副甲状腺から分泌する副甲状腺ホルモンは、血中のカルシウム濃度を感知する働きがあります。カルシウム不足を感知すると脂肪を蓄えようとする特性があるので、ヨーグルトや牛乳などのカルシウム摂取にも心がけましょう。


2. 肝臓

肝臓は臓器の中で一番大きい最大臓器です。食事で摂取した糖・タンパク質・脂肪の貯蔵と供給を行っています。また、脂肪をスムーズに分解する消化液「胆汁」の生成と分泌を担う臓器です。他にもアルコールや老廃物などの解毒作用があり、不必要な物を体外へ排出する働きもあります。肝臓の機能を高め、よりよい脂質代謝を促しましょう。

肝臓の反射区は右足裏のみにあり、薬指と小指のラインと土踏まずの上のラインがぶつかる辺りに位置します。親指で反射区をおさえ、体重を乗せるようにして刺激しましょう。


3. 胆のう

胆のうは胆汁をストックする臓器で、食事などの刺激により、摂取した脂肪量に合わせて胆汁(消化液)を十二指腸へ放出します。胆のうの機能を整え、脂肪のスムーズな分解を促しましょう。

 

 

右足の土踏まずの上辺りと、薬指と小指の間が交差する部分に位置します。肝臓の反射区と一緒に刺激しましょう。


4. ソーラープレクサス

湧泉(ゆうせん)や、太陽神経叢(たいようしんけいそう)とも呼ばれる反射区です。自律神経(私たちの意思ではない所で生命活動を支えている神経)の働きを整える効果があります。

自律神経は内臓の活動をコントロールしており、自律神経が乱れると消化系の異常やホルモンバランスの乱れ、体温の低下、睡眠不足や呼吸が浅くなるなど、不調につながります。お仕事中や家事の合間にも簡単に押せるので、気がついたときに刺激して自律神経を整えてあげましょう。

足:足の指をぐっと反らせて、くぼみができる中央部分に位置します。
手:手をすぼめて、くぼみができる中心部分に位置します。

どちらも親指を使用し、足は体重を乗せながら、手はグッと奥深くに押し込むように。息を吐きながら刺激してあげましょう。 


5. 胃腸

新陳代謝(生命活動に必要な物質を体内に取り入れ、不要物を体外に出す排出すること)を良くするには、胃腸の働きを整えることが非常に重要です。胃腸の役割は、食べた物を消化し栄養を吸収すること。この働きが弱っていては、いくら栄養バランスのとれた食事をとっても、十分に栄養を取り入れることができませんので、念入りに揉みほぐして胃腸の機能を高めましょう。

手:手のひらの膨らんでいる部分を全体的に揉みほぐしましょう。痛いと感じる場合は、冷えや疲れが溜まっている可能性が高いです。
足:ソーラープレクサスから三角形に広がる部分を流すように刺激しましょう。右足が胃の下部、左足が胃の上部の反射区です。

■ Point
腹部を触ってみて、硬い部分や詰まっている所を直接刺激してあげるのも効果的です。曲がり角の部分に便は溜まりやすいと言われています。

小腸:おへそを中心として、おへその下から「の」の字を書くように4本の指(親指以外)で押し込みます。
大腸:小腸よりも大きな範囲で「の」の字に刺激します。特に四隅は便が滞りやすい場所なので念入りにマッサージしましょう。


以下の記事でご紹介している代謝アップ方法もオススメ!ダイエットリフレと合わせて行うと効果的です。

食事制限より簡単!夏のカイロであったかスリム美人♡

体幹トレーニングで美BODYを作ろう♡

気軽にスタート♪耳揉みダイエット

1日でも早く痩せたい!とお急ぎの方は、是非、家や職場のお近くのサロンでプロのセラピストによる本格的なリフレクソロジーを受けてみて下さい。

見た目を変えるには、まず中身から。みなさんの中にある内臓機能を正常に働かせて、代謝力の高い痩せ体質を目指しましょう♪

【関連記事】
「むくみ」と「太っている」の違いとは!?足のむくみ度チェック方法
痩せにくい太ももをサイズダウン♪美脚のための下半身痩せリフレ
クーラー冷えは太りやすくなる原因に!油断できない「夏冷え」対策リフレ
気になるセルライトをお家でケア!部分痩せセルフマッサージのやり方