極上の快眠と癒しが手に入る「五感」を使ったリラックス方法♪ | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 極上の快眠と癒しが手に入る「五感」を使ったリラックス方法♪
Life style
2017/06/07

極上の快眠と癒しが手に入る「五感」を使ったリラックス方法♪

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

最近、“快眠”できていますか?十分な睡眠時間をとっているにも関わらず、翌朝の体が重い…そんな時は睡眠の質が下がっているのかも。良質な睡眠をとって疲れをリセットし、気持良く爽やかに目覚めるためには、夜、寝る前にリラックスすることが重要。そこで今回、快眠セラピスト・三橋美穂さんに、快眠を得るためのリラックス方法を伺いました。


快眠セラピストに聞く 睡眠とリラックスの関係

リラックスして体を緩めることが快眠を得るために大切だと三橋さんは言います。

「人の活動期は交感神経が働いて、筋肉が引き締まっている状態。すばやい対応ができるように、少し力が入っていて、体の内側の熱が高くなっています。一方、リラックスすると体の力が抜けますよね。例えば、お風呂に入ると全身の血行が良くなりポカポカして、体が緩みます。緩んだ先に、眠りがやってくるんです」体が緊張状態のままだと寝つきが悪くなり、眠れたとしても眠りが浅くなってしまうそう。緊張を解いて、睡眠モードに切り替えることが快眠を得るコツのようです。


五感を使って体を緩める♪寝る前のリラックス方法

快眠を得るために、五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)を心地良く刺激してリラックスに導く方法を三橋さんに教えて頂きました。どれも簡単で実践しやすいものばかりなので、今夜から始めてみてはいかがでしょう?

【視覚】光を抑えて暖色系にする


リラックスするには、部屋の照明を夕日のような色の灯りにするといいでしょう。「光を抑えて、赤みがかった暖色系の色に変えるだけで、意識が切り変わり、くつろぐことができます」逆に朝は、太陽光のような白い光を浴びると目が覚めるそうです。

【聴覚】自然音が含まれる音楽を流す


音楽のリズムと呼吸のリズムは同調するため、リラックスタイムはゆったりしたスローテンポの音楽で、波の音、川のせせらぎなど自然音の含まれる曲がおすすめ。「自然音には、リラックスに働きかけるリズムがあると言われている『1/fゆらぎ』が含まれているんです」

【嗅覚】2~3種類の精油をブレンドして使う


快眠に導くアロマの代表格はラベンダー。他にはスイートオレンジ、ゼラニウム、ヒノキ、シダーウッドなど。単体で使うのもいいですが、手持ちのエッセンシャルオイル2~3種類をブレンドして使うと、香りに深みが出て印象が変わるんだそう。

イライラしている時は、ラベンダーなどのリラックス系の香りと、ユーカリ、ローズマリー、レモン、ペパーミントなど、リフレッシュ系の香りをブレンドすると、スッキリしながらもリラックスすることができます。

暑くて寝付きにくい時は、ラベンダー2滴、ペパーミント1滴をブレンド。ペパーミントは清涼感がある香りで体感温度が下がるため、夏におすすめの組み合わせです。

ディフューザーやアロマストーンを持っていなくても、コットンに精油を垂らして枕元に置いて寝るだけでも十分香りを楽しめます。「香りは一瞬で気分が切り替わり、緊張がほどけます。香りの持つ効果は、すごく大きいと思いますね」

【味覚】ノンカフェインのホットドリンクを飲む


夜は白湯、麦茶、そば茶、ハトムギ茶、カモミールティーなどを飲むといいでしょう。「ノンカフェインの暖かい飲み物は、内臓が温まるので、全身の緊張も解けていきます」穀物コーヒーもおすすめだそう。「コーヒー風味の飲み物なのですが穀物を煎じてあるので、ノンカフェインで体を温める作用もあります」

【触覚】ヘッドスパで頭皮のコリをもみほぐす


三橋さんがおすすめするのが、ヘッドスパ。「頭を使ったり考える仕事をしていると、どうしても頭皮が固くなってしまうもの。固くなった頭皮をもみほぐすことは、リラックスにつながります」リラックスできるだけでなく、顔のむくみやたるみの改善にもつながるそうですよ。

ストレッチも快眠のために効果的。「クッションorバスタオルをぐるぐる巻きにして背中の中心に置き、深呼吸を10回繰り返します。これだけで胸が開いて背中が真っすぐになり、すごくリラックスできるんです」


快眠とは「疲れをとるだけでなく、明日へのパワーを得る眠り」と定義する三橋さん。次の日、すっきりと目覚めて一日元気に過ごすために、寝る前にリラックスする工夫を取り入れるようにしたいですね♪

今回お話を伺った快眠セラピスト・三橋美穂さんが空間をコーディネートした、「快眠」をキーワードにした髪を濡らさないヘッドスパ専門店「Q’s for-rest(キューズフォレスト)」は、五感で誘う「眠り」にこだわった空間で、クイーンズウェイの熟練技術による髪を濡らさないヘッドスパが受けられます。快眠のための極上ヘッドスパ、一度体験してみてはいかがでしょう?(詳しくはこちら

三橋美穂(快眠セラピスト・睡眠環境プランナー)

寝具メーカーの研究開発部長を経て独立。わかりやすく実践的なメソッドが、テレビや雑誌等で支持を集め、睡眠のスペシャリストとして多方面で活躍。全国での講演活動や執筆のほか、快眠グッズのプロデュースや、ホテルの客室コーディネートなども手がける。著書に『驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100』(かんき出版)ほか、世界的ベストセラー『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』シリーズ(飛鳥新社)の日本語版を監修。http://sleepeace.com/

【関連記事】
スッキリ気分♪お家でできる頭皮ケア方法

やみつきになる刺激♡イタ気持ちイイ「極上ヘッドスパ」で癒される♪
頭皮マッサージで小顔美人♪眼精疲労にも効果抜群!
良質な眠りにつながる♡寝る前快眠リフレ