自宅で足湯をやってみた!全身ポカポカ冷え対策 | ヨイコトラボ 
-カラダにヨイコト、ココロにヨイコトを発信-

YOIKOTOLABO
###_DCMS_BLOG_NAVI_CATEGORY_TREE_###
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ > YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ) > 自宅で足湯をやってみた!全身ポカポカ冷え対策
Beauty&Healthy
2016/11/16

自宅で足湯をやってみた!全身ポカポカ冷え対策

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

昔から、頭寒足熱と言いますが、足を温めると体に良いことがたくさんあります。 足先を局部的に刺激し、温まった血液をポンプ作用で全身に流すことで、効率的に代謝を上げることができます。 つまり体に蓄積した冷えを取り除くには、内臓に負担のかかる全身浴よりも、足湯のほうが適しているのです!洋服を着たままお家で出来るので、足や手先の末端部分の冷えに悩んでいる方には特にオススメです!


【用意するもの】
・深めの容器(バケツや使わなくなった衣装ケース、防水加工のビニール袋など)
※膝下くらいまで浸かる大きさが理想です。

・さし湯用のお湯(沸騰させた50~70度のお湯)と水
お湯と水を交互に入れながら、42度前後の温度にします。熱すぎずぬるくない温度に調整し、お湯の温度が冷めてきたらお湯を足します。膝が隠れるくらいの部屋着を着用して、足湯をしていない部分が冷えないように気をつけましょう!


1.容器にお湯をはる
今回は足湯用のビニール製の容器を用意しました。


ここへお湯を入れ、家にあったトウガラシとみかんの皮を投入!お好みの入浴剤を少量入れてもOK♪


2.足を入れる
温度を確認しながら足を入れます。冷えている人は40度前後でも「熱い!」と感じますが、少し我慢して入っていると足先が温まってきます。


熱さに慣れてきたら、足首が浸かるくらいまで少しずつお湯を足しましょう。足湯の時間は30~45分が目安です。全身からじっとりと汗をかいてきますが、それは体内の毒素が排出されている証拠。タオルでしっかりとふき取りましょう。


筆者は末端冷え性ですが、30分足湯をした後は、特に冷えていた足先が赤くなっていました。長い時間足湯をしていると、アポクリン腺という汗腺から、体内の毒素を含んだ汗が排出されてきます。デトックスしながら、体の芯に溜まっている冷えを取り除きましょう!


足湯効果を高めるもの

【ウーロン茶】
ウーロン茶の主成分である「ウーロンタンニン」には、温熱・保温効果があります。 また、保湿・保水・抗菌・抗酸化作用があるので、血行促進+美容効果も期待できます! 市販のウーロン茶パックを濃い目に煮出して、お湯とお水を足しながらゆっくりと入浴しましょう♪ (煮出すのが面倒な方:大き目のマグカップに半分ほどのお水とウーロン茶パックを入れ、600Wで1分ほど加熱すると濃いウーロン茶エキスが抽出できます。)

【トウガラシ】
トウガラシに含まれる辛味成分のカプサイシンは、皮膚表面から刺激し、血管を拡張して体内の血行促進を促してくれます。 食べて汗をかくのもいいですが、トウガラシは水溶性なので、カプサイシンの成分をより効果的に感じるために足湯は効果的な方法です! また内側からしっかりと汗をかくので、脂肪燃焼の効果も期待できます♪ ※1~2本を輪切りにして入れます。刺激が強いと感じる場合は、切らずにそのままの状態でお湯に入れます。

【塩】
皮膚から塩のミネラル分を吸収することで、新陳代謝を上げ、汗をかきやすくする効果が期待できます。 汗をかきにくく、むくみ太りが気になる冷え性さんにオススメのデトックス足湯です。 分量はお好みですが、一つまみくらいの塩をお湯に入れ、塩を溶かしながら入浴します。あら塩を使用して、足の甲をマッサージするのもオススメです♪


【酢・黒酢】
酢には皮膚の呼吸作用や吸収作用に働きかける効果があり、皮膚の表面と内側についた汚れを体外に排出する効果があります。 また酢に含まれるアミノ酸は、ホルモンバランスの乱れによる皮膚トラブルの症状にも効果的です。 抗菌・抗酸化作用もあるので、アトピーや水虫、足のにおいが気になる方にもオススメです! ※酢のにおいが気になる方は、希釈するお湯の量を増やしてください。グラス1杯分が目安です。

【牛乳】
世界三台美女のクレオパトラも愛したと言われている牛乳風呂。保温効果はもちろん、お湯そのものが柔らかくなるので、敏感肌の方や乾燥肌の方にオススメです! 眠れない夜にホットミルクを飲むと心まで温かくなるように、牛乳の香りで神経を休め、ストレスによる冷えや多汗にも効果的。 ※低脂肪乳など加工したものでもOKです。グラス1杯分が目安です。

【みかんの皮】
みかんの皮に含まれるリモネンやシトラールなどの精油成分は、お湯につけると爽やかな香りとともにアロマテラピー効果をもたらします。 また精油成分は血行促進や保湿・保温効果もあり、湯冷めを防ぐ効果も。みかんの皮だけでなく、実も一緒に入れてもOKです!冬はみかんの消費量が増えるので、捨ててしまう部分を有効活用しましょう♪
※みかんの皮は、湿気のない場所で乾燥させてから使用してください。


【日本酒】皮膚を通して毛細血管を刺激し、血行促進に効果的です。 老化した皮膚を活性化する美肌作用もあるので、くるぶしやかかと部分の年齢が出やすい部位を蘇らせる効果も期待できます! ※清酒などの醸造酒を使用してください。グラス1杯分が目安です。

【米のとぎ汁・米ぬか】
普段は捨ててしまう米のとぎ汁を有効活用! 米ぬかは、脂肪やたんぱく質、ビタミンやリンなどが含まれ、適度な油分と湿度で高い美肌効果があります。 洗い始めの1~3回目までの、米ぬか成分が濃いとぎ汁を使用しましょう!グラス1杯分が目安です。


テレビを見ながら、読書をしながらでも出来るので、自分の時間を楽しみながら行なってみてください♪オリジナルの入浴剤を使って、全身ポカポカで冷え性改善を目指しましょう!